知っていた方がお得かもしれない

お坊さんの袈裟の色を見て、意外とカラフルだと感じたことはありませんか。 それは階級によって、着用できる色が異なっています。 袈裟にはどんな色があるのか知っていると、お寺などを見学する時に豆知識を披露できます。 さらにお寺巡りが楽しくなるでしょう。

お寺へ参拝する時の方法

みなさんは、参拝のルールを知っていますか。 正しいルールがあるので、守らないと仏様が怒ってしまいます。 ご利益があるお寺でも受けることはできないでしょう。 罰当たりな行為をしないように、正しい参拝のルールを事前に学んでください。 なぜそのようなルールなのか調べるのもおすすめです。

お経を唱える時の疑問

お寺でお経を唱える時、お坊さんが複数現れることが多いです。 その理由を探ってみましょう。 しかし理由といっても大きなものはなく、場を華やかに見せるため複数のお坊さんでお経を唱えることが多いです。 メインのお経を唱えるのは、階級が高いお坊さんなります。

階級ごとに色が異なる

寺院には、お坊さんがいます。
お坊さんが着ている袈裟を見ると、何種類か色が異なることに気づくと思います。
ですがお坊さんが、自分で好きな色を選択することはできません。
階級によって、色が決められています。
案外、知らなかった人が多いのではないでしょうか。
宗派によって、階級ごとの色が異なります。
また階級は、年齢とともに上がることが多いです。
ですからまだお坊さんになって間もない人は、最も階級が下になります。

お寺へ参拝する際は、神社のように柏手はしません。
それを知っている人は多いでしょうが、なぜなのか理由を把握している人は少ないのではないでしょうか。
柏手をしないのは、仏教の教えが元になっています。
神社は神様を崇めるので、敬意を込める意味で柏手をします。
しかし仏教では、両手を合わせることで仏と一身になるという意味が込められています。
両手を合わせた状態にすると、暴力的な好意ができないことから両手を合わせてから、離さないのが参拝する時の決まりになりました。

葬儀でお経を唱える時、お坊さんが複数で行う時があります。
なぜだろうと疑問に思ったことがある人が多いのではないでしょうか。
それは簡単に言と、華やかに見せるためです。
お坊さんが1人だけでは、どうしても地味に見えてしまいます。
ですからお坊さんを増やして、場を寂しくしないように工夫しています。
また準備をする時に、複数のお坊さんがいた方が楽だからという理由もあります。

おすすめリンク

念仏宗の教えを学ぶには

人に感謝の気持ちを表すだけでいいの?念仏宗は感謝の心と念仏による修行がベースです!